上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

t02200270_0220027010704020652.jpg


記事はこちらから↓↓↓


http://matome.naver.jp/odai/2138154387552361001
スポンサーサイト

imagesCA2JZ9M9.jpg



記事は↓↓のリンクから

http://matome.naver.jp/odai/2138155055055956201


imagesCA11A3VZ.jpg
1: ◆EKKKKKKKKA @ウェザーρ ★ 2013/10/08(火) 00:59:29.56 ID:???0

2013年10月7日 19時01分
[シネマトゥデイ映画ニュース] ハゲが似合うスターの代表格であるブルース・ウィリスに続く 次世代の「イケてるハゲメン」投票を行った結果、『ワイルド・スピード』シリーズなどで人気の ヴィン・ディーゼルが堂々の1位に輝いた(9月27日~10月6日シネマトゥデイでの投票結果)。

ブルース・ウィリスの登場以降、アクション映画に急増しているハゲメンたち。その多くは こわもてのルックスとは裏腹に、人間味あふれる優しいハートの持ち主で、その意外性も 手伝って男女を問わず幅広い層から支持されている。大御所ウィリスに続くハゲメントップの 座を競い合っているのが、1位のヴィン・ディーゼルと2位のジェイソン・ステイサム。ヒット作に 数多く出演している2人の存在感の大きさを示す結果となった。

そして3位にランクインしたのは、1位のヴィン・ディーゼルと同じく『ワイルド・スピード』シリーズ などで知られる、マッチョ系アクションスターのドウェイン・ジョンソン。ハゲメンとして長い キャリアを誇るニコラス・ケイジとデッドヒートを展開しているが、現在は100票近い差をつけて ジョンソンがリードしている状態だ。

ジョンソンは、「ザ・ロック」のリングネームで活躍している現役のプロレスラーで、俳優としての  キャリアは5人の候補者たちの中で最も浅い。しかし、それを補って余りあるのがプロレスで 培ったカリスマ性で、それがスクリーンを通して多くのファンを魅了する理由の一つでもある。
ウィリスと共演した『G.I.ジョー バック2リベンジ』では、オープニングから出ずっぱりの大活躍で、 得意の格闘系から壮絶な銃撃戦まで多彩なアクションを次々と披露。主役といっても過言ではない 活躍を見せている。(神武団四郎)

▽ソース:シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0056589
▽画像:『G.I.ジョー バック2リベンジ』で大活躍のハゲメン・コンビ
http://s.cinematoday.jp/res/N0/05/65/v1380888351/N0056589_l.jpg


[ 続きを読む ]

imagesCAKXXBSR.jpg
319: 名無シネマさん 2013/10/07(月) 08:26:04.07 ID:iUWtiH2g
TOHO
1 . 謝罪の王様
2 . そして父になる
3 . 怪盗グルーのミニオン危機一発
4 . ATARU
5 . 風立ちぬ
6 . R100
7 . エリジウム
8 . ウルヴァリン:SAMURAI
9 . 豪華3本立て!トミカプラレール映画まつり
10 . あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

[ 続きを読む ]

続きはこちらから

10354386103images.jpg
1: 足4の字固め(dion軍) 2013/10/05(土) 23:04:31.11 ID:wjRoGeM40 BE:3811374476-PLT(14893) ポイント特典
これはアカン
ソースフジ

[ 続きを読む ]

oth13100415330025-p1.jpg
1: 禿の月φ ★ 2013/10/05(土) 05:57:25.42 ID:???P
 人気映画「ワイルド・スピード」シリーズなどで知られる米女優、ミシェル・ロドリゲスさん(35)が  米誌に対し、バイセクシャル(両性愛者)であることを明かした。3日までに、米メディアが伝えた。

 長年、同性愛者との噂があったロドリゲスさんは、「噂は本当?」との質問に  「間違ってはいないけど。両方OKなの」と答えた。ロドリゲスさんはこれまで、 米俳優、ビン・ディーゼルさん(46)や米女優、クリスタナ・ローケンさん(33)と デートしている姿が目撃されていた。

ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
http://www.sanspo.com/geino/news/20131004/oth13100415330025-n1.html
画像:米女優、ミシェル・ロドリゲス(AP)
http://www.sanspo.com/geino/images/20131004/oth13100415330025-p1.jpg

[ 続きを読む ]

794137946132.jpg
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/05(土) 07:15:29.37 ID:ZXYmxwMG0
・北米で初登場1位も日本では公開予定が無かった(DVDスルー)
・日本でも上映を求む声が大きくなりカルチュア・パブリッシャーズというTSUTAYA関連の配給会社によって限定公開決定
・カルチュア・パブリッシャーズが配給したせいでレンタルはTSUTAYA限定に
・カルチュア・パブリッシャーズが配給して東宝からBlu-rayが発売されたせいで海外盤とは別仕様に劣化、しかも定価高すぎで廉価版も出ない

-続編が決定-

・続編は大手の東宝東和による配給に
・北米・イギリスでは2013年8月に公開も日本では2014年2月に公開 ← 東宝東和は10月から「ゴースト・エージェント/R.I.P.D.」という大コケした映画を配給する予定
・UK盤ブルーレイが12月に発売、日本語字幕・吹替収録予定(リージョンフリー)、日本公開前に家で見れちゃう状態に ← 今ここ

[ 続きを読む ]

1356478413
1: マスク剥ぎ(東日本) 2013/10/03(木) 23:48:07.64 ID:NYJ55ti20 BE:74678055-PLT(15073) ポイント特典
「ダウンタウン」の松本人志がメガホンを握った話題作『R100』。本作を携えて日本の各地を回る  “未体験ツアー”を敢行してきた松本監督が、10月1日(火)、企画協力の倉本美津留と共に本ツアー 最後のティーチイン・イベントを愛知・名古屋で行った。

筋金入りのマゾヒストの男が謎の秘密クラブと契約したことで、日常生活で次々と“女王様”の襲来を  受けることとなるが、次第に彼女たちの攻撃がエスカレートしていき…という波乱かつ摩訶不思議な 松本ワールドが展開する本作。

登壇した松本監督は、「(名古屋発祥の)CoCo壱番とか世界の山ちゃん、きしめんだったり  味噌煮込みうどんだったり…色々美味しいものを食べさせてもらってるので、今日は恩返しに映 画をもってきました」と、今回のツアーで定番となったご当地グルメネタでこの日のイベントもスタート。

Q&Aのコーナーでは第1作目『大日本人』からオリジナル・ストーリーを描き続けている松本監督に、 原作ものやリメイクに挑戦する予定は? と質問が挙がった。これに松本監督は「あまり考えたことは ないですね。あえて言うなら…『コボちゃん』ですかね。実写版、長編で撮ってみるとか(笑)」と  意外なタイトルを挙げる。

http://www.cinemacafe.net/article/2013/10/02/19499.html

[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。