上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

131555
1: THE FURYφ ★ 2013/09/14(土) 17:17:11.06 ID:???0
米ロサンゼルスで今月初めから開かれていた裁判に、人気俳優のトム・ハンクスさん(57)が  陪審員に選ばれて参加した。ところが、検事が規則に反して個別にハンクスさんに声をかけたため  審理が中止。軽微な司法取引で決着したことがわかった。米メディアが報じた。

ハンクスさんが12人の陪審員の1人となったのは、家庭内暴力(DV)事件の裁判。今週、審理の 休憩中に法廷を出て階段を歩いていたハンクスさんに検事が近づき、陪審員を引き受けたことへの  感謝を述べたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130914-00000017-asahi-int

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

ちひろ
1: ◆ERINGI.ZLg @パリダカ筆頭固定φ ★ 2013/05/02(木) 17:41:27.69 ID:???
日本ではもちろん、海外でも人気のジブリ映画。
お隣の国・韓国でも親しまれていて、「となりのトトロ」をはじめさまざまな作品が韓国語に翻訳
されています。

その韓国版のタイトルが、インターネット上で話題を集めています。
きっかけは、アジアや欧州各地のニュースを配信する「NNA.ASIA」で、「魔女の宅急便」の韓国版
タイトルは「魔女配達婦キキ」、「千と千尋の神隠し」は「千と千尋の行方不明」だと紹介されたこと。

「宅急便」や「神隠し」に相当する言葉が韓国語になく、「配達婦」、「行方不明」になったみたい。

これに対して、Twitterユーザーからは、次のような声があがっています。

「そのまま訳さなくてもいいんじゃないの?」

「直訳だけでは味気ないし、難しいね」

「千と千尋の行方不明www」

「『行方不明』だとただの事故みたいで、スピリチュアルなものを感じない」

「じわじわくる」

「サスペンスかよ」

「本格的に事件ですな」

「ファンタジーの欠片も無いw」

「犯罪の香りがするタイトルになってるwww」

ちなみに、ジブリ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」の韓国版タイトルは「ぽんぽこ狸大作戦」。
これはこれで、なんだかかわいい感じ。
今年夏に公開予定の最新作「風立ちぬ」はどんな風に翻訳されるのかなぁ~??
(Pouch)

ソース
http://n.m.livedoor.com/f/c/7642490

 

[ 続きを読む ]

りむ


[ 続きを読む ]

3: レコバたんヽ(゜∀。)ノφ ★ 2013/09/10(火) 03:25:30.09 ID:???0
「デル・トロに取材したこともあるのですが、本当にオタクですよ。日本のアニメや特撮で育った人で、つっこんで
聞いても完璧に把握している。『マトリックス』の監督のウォシャウスキー兄弟も、タランティーノもそうでした。彼らは
勉強しないでアニメや漫画ばかりをみていた、ホントにダメな人たちですね(笑い)。だからこそ、深い理解がある。
そんな人たちが作った映画だから日本のファンを納得させる作品になっているんです」(町山さん)

他にも、劇中の「KAIJU」が、『ウルトラマン』をはじめとするあらゆる特撮モノに出てきた怪獣を連想させる姿で
登場していることや、出演しているハリウッド俳優が怪獣をそのまま「KAIJU」と発していること、『マジンガーZ』の
ロケットパンチが出てくるシーンもオタクにとっては「泣ける」ポイントだという。

「50話くらいのTVシリーズの最終回3話だけまとめたみたいな強引な話だし、主人公も印象に残らない。そんな、
小学生がノートに書いた落書きみたいな話を、ハリウッドが200億円近くかけて作ってしまった。こんな泣ける話は
ないでしょう(笑い)。子供の頃からの夢を叶えてくれたような、こんな映画を作って、それが世界的に大ヒットしていることに、
オタクたちは、今まで自分たちの文化を理解してこなかった人に対して“ほらみろ”“すごいだろう、言ったとおりだろ”という
思いを抱いています」(町山さん)

町山さんは、同時期公開の話題作『風立ちぬ』(宮崎駿監督)と共通点があるとも言う。

「どちらも子供の憧れや、大好きなもの、それをそのまま映画化したような作品なんです。『風立ちぬ』は宮崎監督が
大好きな飛行機を描き、さらにその飛行機の音も人間の声で再現している。いわば少年の“ごっこ遊び”を映画したようなもの。
『パシフィック・リム』もデル・トロが大好きな日本作品を映画のあらゆるシーンの中に随所に描き切り、子供のときの憧れを
体現している。どちらも子供心をそのまま映画にした作品だから、オジサン世代にはたまらない作品に仕上がっているんです」(町山さん)

日本語吹き替え版はアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』『ガンダム』といった作品の声優陣が担当。どこまでもオタク心を
刺激したことがヒットにつながったといえそうだ。

5: 名無しさん@恐縮です 2013/09/10(火) 03:29:07.05 ID:3v0aQYO/0
ロボットを有機的に動かすハリウッドCGはバカ以外の何者でもない

6: 名無しさん@恐縮です 2013/09/10(火) 03:29:41.32 ID:4CtMxYeY0
最後まで観るのしんどかったんすけど(´・ω・`;)

7: 名無しさん@恐縮です 2013/09/10(火) 03:31:00.78 ID:MMA+02wrO
でるとろとムカデ人間2の彼はガチで親日

8: 名無しさん@恐縮です 2013/09/10(火) 03:31:28.77 ID:3QNdDfFq0
ロボって言うとトランスフォーマーとかR2D2とかターミネーターしかないハリウッドにしては
人が乗るロボの映画作ったってことだけは評価する

11: 名無しさん@恐縮です 2013/09/10(火) 03:35:21.92 ID:C4Q1L4N20
ロシアと中国の共産圏ロボがあっさりやられるのに笑った。

14: 名無しさん@恐縮です 2013/09/10(火) 03:44:04.20 ID:/gtBoewZ0
ロボットかっこ悪いと思ってたけど見に行ったらすごかった
こんなん観た後に果たしてパトレイバー見れるだろうか

15: 名無しさん@恐縮です 2013/09/10(火) 03:48:29.67 ID:2yh7nOIe0
うるばりんさむらいはどうなのかな

24: 名無しさん@恐縮です 2013/09/10(火) 04:22:42.43 ID:9kVqJwGg0
お台場のガンダムが動き出して、戦う設定なら良かった
日本のロボットが最終的な4機に残ってなかったし

26: 名無しさん@恐縮です 2013/09/10(火) 04:26:15.37 ID:k8eLp4Dp0
ふーん
一回見に行ってみようかな
まだ公開期間あるよね?

29: 名無しさん@恐縮です 2013/09/10(火) 04:34:13.81 ID:2tOHNwKH0
デルやタラのそういう傾向は素直に嬉しいし、有り難い。だからといって手放しで作品を評価するのは違うと思う

31: 名無しさん@恐縮です 2013/09/10(火) 05:12:40.09 ID:HYwIKy5Q0
凛子ががっつりヒロインなのは驚いたな。日本じゃそういう宣伝全然してなかったし
ここまで日本に向けて本気で投げてくれた映画がヒットしないなんて悲しすぎるよ

35: 名無しさん@恐縮です 2013/09/10(火) 05:49:42.29 ID:pEsoc3l30
ガッチャメ~ン(笑)

39: 名無しさん@恐縮です 2013/09/10(火) 08:06:43.40 ID:Iix5L7ql0
正直微妙な出来だった。
こんな映画がヒットするわけないのに、信者が宣伝のせいにしててワロタ。

40: 名無しさん@恐縮です 2013/09/10(火) 08:13:22.11 ID:oIvqj0AP0
映画が始まって5分ぐらいで来るロボット搭乗・出撃シーン

あそこ見て興奮するかしないかで決めていいよ。
あそこ見て何も感じない人が残りの2時間見ても不満だろうし

向く・向かないが判定しやすい映画

43: 名無しさん@恐縮です 2013/09/10(火) 08:21:02.46 ID:Hv3YayRh0
>>40
いきなり一気にボルテージ上がるよな
そのままエンドロールまで興奮しっぱなしだったわw

50: 名無しさん@恐縮です 2013/09/10(火) 08:45:07.35 ID:nq8QBoY50
結局は世界的に見て成功したの失敗したの?

日本→成功
日本以外→失敗

で良い?

53: 名無しさん@恐縮です 2013/09/10(火) 08:49:17.52 ID:G4i/sJlZi
>>50
本国 >期待はずれ
日本 >まあまあ。一部で人気
中国 >爆発的大ヒットで世界トータルを黒字に押し上げ。続編も?

続編が出来たら中国人に感謝だな。
あの不憫なクリムゾン・タイフーンの出番増やしてやれ

[ Close ]


あんの

[ 続きを読む ]

1: しいたけφ ★ 2013/09/08(日) 09:25:13.86 ID:???0
 
カステラやスポンジ生地で羊羹(ようかん)をはさんだお菓子がある。
その名は、なぜか「シベリア」。戦前に広まったが、やがて人気は下火に。
ところが、公開中の宮崎駿監督のアニメ映画「風立ちぬ」に登場したことで、
細々と作り続けてきた店で売り上げが急増している。

西東京市柳沢1丁目の洋菓子店「サン・ローザ」。37年前の
創業当時のままのレトロな店の中には、ケーキやパンと並んで数十個の
シベリアがずらり。買いに来た小平市の女性(49)は「映画を見て食べてみたくなった」。

シベリアは、カステラやスポンジ生地で厚さ数センチの羊羹をはさんだもの。
長さ10センチほどの三角形に切り分けて売られることが多い。
素朴な味わいが特徴だ。明治時代後半から大正時代に誕生したらしい。
当時は多くのパン屋で売られていた。


http://www.asahi.com/national/update/0907/TKY201309060529.html
no title

[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。