上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1: 風吹けば名無し 2013/09/13 00:04:05 ID:YxglJ0sc
キッズリターンやろ

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

さとえり
1: はこきφ ★ 2013/08/25(日) 03:41:45.35 ID:???0
すでに『大日本人』('07年)など3本の映画を手掛け、監督業も板についた感じのお笑い芸人・松本人志だが、その評価はまちまち。
“シュールな作風”と絶賛する向きもあるが、“しょせんはマスターベーション映画”との厳しい声もある。

さて、監督第4作目『R100』(10月5日より全国ロードショー)はどうか。
「これまでと違って話はわかりやすそうです。SMクラブに入会したサラリーマンがボンデージ美女たちに翻弄されます。
奇抜なのは、ホテルなどの部屋でプレイに興じるのではなく、1年契約した男の日常に突如現れ、いたぶるわけです」(映画記者)

ちなみに、『R100』という奇妙な題名は成人指定の“R-18”より遥かに上、という風にも取れるが、作品自体は“R-15指定”。
この秋の“SMもの”壇蜜主演『甘い鞭』(9月21日公開)と時ならぬSM映画決戦となりそうだ。
さて、肝心の『R100』の女優たちは大地真央(57)、冨永愛(31)、寺島しのぶ(40)など個性派女優が並ぶが、
中でも最もボンデージが似合いそうで、オジサン人気もダントツなのがサトエリ・佐藤江梨子(31)だろう。
何しろバスト90センチの生唾ものの巨乳が漆黒の革からナマ露出しているのだからタマらない。
主演の大森南朋は、ボンデージ姿で乱入してきたサトエリに、寿司屋で食べようとしたネタを次々と平手でたたきつぶされ、グジャグジャの寿司ネタを呆然と食べる屈辱プレイだ。
このサトエリがド迫力!(>>2以降に続きます)

週刊実話 2013年08月24日 14時00分
http://wjn.jp/article/detail/6005468/
画像:佐藤江梨子
http://images.wjn.jp/article/68/6005468_1.jpg

[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。