上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

79467931122images.jpg


動画の視聴は↓↓↓のリンクから
http://video.fc2.com/content/20130926ucKt4Myk/
スポンサーサイト

かぜた
1: オムコシφ ★ 2013/09/24(火) 15:27:09.82 ID:???
 他人にスゴイと思われたい、一目置かれたい、モテたい……そんな思いは、人間誰しも持っているもの。
だが、それがオモテに出てしまうと、途端に「痛い人」になってしまう。

 週刊SPA!9月24日発売号では「痛男(イタメン)検定」として、 男性のゲスな下心やカッコ悪いプライドが“(本人は隠しているつもりなのに)漏れ出てしまっている度”を、女性200人の意見をベースに診断。
監修は、本誌で「痛男!」を好評連載中の犬山紙子氏だ。
(新刊「高学歴男はなぜモテないのか」も好評発売中) 
  

[ 続きを読む ]

みやざき
1: ◆9NKSEXw3nU @関電φ ★ 2013/09/17(火) 21:49:17.13 P
アニメ映画「かぐや姫の物語」(11月23日公開、高畑勲監督)の中間製作報告会が17日、都内で行われ、鈴木敏夫プロデューサー(65)が、「風立ちぬ」を最後に監督引退を発表した宮崎駿監督(72)の近況を報告した。
「毎日、会社に来ていて、ブラブラしています(笑い)」。6日に都内で行った引退会見で95分間にわたって質問に答え続けた。会見後、鈴木氏に「一生分の取材を受けた。もうしゃべりたくない」と話していたという。

高畑監督は、50年来の仕事仲間である宮崎監督の引退発表について「宮さん(宮崎氏)は区切りを付けるのが好きな人。意欲をかき立てられることがあっても、やるなら別の形でやるでしょう」と話しているという。

ソース:So-net
http://news.so-net.ne.jp/article/detail/872967/

[ 続きを読む ]

1564
1: かばほ~るφ ★ 2013/09/17(火) 17:36:15.91 ID:???0
スタジオジブリの高畑勲監督最新作『かぐや姫の物語』(11月23日公開)の中間報告会見が17日、都内で開かれ ヒロイン・かぐや姫の声を女優の朝倉あき、かぐや姫の幼なじみで、木地師の息子を高良健吾、かぐや姫の育ての 親・父を昨年6月に亡くなった地井武男さんが演じることがわかった。地井さんにとって、同作が映画出演に おける遺作となった。

今作では、「プレスコ」という先に声を収録して、それに合わせて絵を作っていく手法を取っており、2011年夏に 収録が行われていた。収録時、地井さん(当時69歳)は「動く絵や映像に合わせて声を出すアフレコやナレーション は経験がありましたが、先に声だけを収録するプレスコという手法が初めてでとまどいました」といい、 「あまり慣れていなかったのでうまくいきませんでした。70歳近い初心者だったわけで、困ったものです」と 照れ笑いしていたという。

かぐや姫の育ての母・媼(おうな)に宮本信子がアニメーション映画の声優に初挑戦。そのほか、高畑淳子、 田畑智子、立川志の輔(初)、上川隆也、伊集院光(初)、宇崎竜童(初)、中村七之助(初)、橋爪功、 朝丘雪路、仲代達矢らがキャラクターに命を吹き込む。

今年は、1988年公開の『火垂るの墓』(高畑監督)、『となりのトトロ』(宮崎駿監督)以来25年ぶりに、 両監督の最新作が公開される“ジブリイヤー”。先陣を切って、7月20日に公開された宮崎監督5年ぶりの新作 『風立ちぬ』は興行収入100億円を突破するなど、現在も大ヒット公開中だ。

『かぐや姫の物語』は、日本最古の物語文学で誰もが知っている『竹取物語』をモチーフに、ひとりの少女・ かぐや姫の犯した罪と罰を描く、真実の物語。かぐや姫は数ある星の中から、なぜ地球を選んだのか。
この地で何を思い、なぜ月へ去らねばならなかったのか。原作には描かれていないかぐや姫の気持ちを 膨らませながら物語にしていく。

ORICON STYLE http://www.oricon.co.jp/news/movie/2028740/full/
ジブリ最新作『かぐや姫の物語』でヒロインを務める朝倉あき 
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20130917/2028740_201309170104309001379404038c.jpg

[ 続きを読む ]

6898
1: 禿の月φ ★ 2013/09/15(日) 06:22:20.54 ID:???P
 先ごろ、公開中の映画『風立ちぬ』を最後に長編映画作品からの引退を表明した宮崎駿 監督。
長年に渡りアニメーションに新風を巻き起こし、日本のみならず世界中から惜しむ声が届いた
今回の引退劇。ORICON STYLEでは、監督の引退発表を受け、改めて『宮崎映画アニメで
1番好きな作品(※劇場公開作に限る)』について調査を実施。その全作品が“名作”といっても
過言ではない中、児童アニメの金字塔とも言える【となりのトトロ】が首位に選ばれた。
>>2以降に続きます)

■好きな宮崎駿監督作品ランキング
順位 作品名/公開年 声の出演
1となりのトトロ(1988年公開) 日高のり子、坂本千夏、糸井重里など
2天空の城ラピュタ(1986年公開) 田中真弓、横沢啓子など
3千と千尋の神隠し(2001年公開) 柊瑠美、入野自由、夏木マリなど
4ルパン三世 カリオストロの城(1979年公開) 山田康雄、小林清志、増山江威子など
5魔女の宅急便(1989年公開) 高山みなみ、戸田恵子、山口勝平など
6風の谷のナウシカ(1984年公開) 島本須美、松田洋治など
7もののけ姫(1997年公開) 松田洋治、石田ゆり子など
8紅の豚(1992年公開) 森山周一郎、加藤登紀子など
9ハウルの動く城(2004年公開) 倍賞千恵子、木村拓哉など
10崖の上のポニョ(2008年公開) 奈良柚莉愛、土井洋輝、山口智子など

【調査概要】
調査時期:2013年9月6日(金)~9月11日(水)
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル
【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査

ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
http://www.oricon.co.jp/news/ranking/2028621/full/
http://www.oricon.co.jp/entertainment/special/page/707/#rk
関連ニュース
【映画】宮崎駿監督が「二度とやらない!」と言った手法
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1378887387/
【映画】宮崎駿監督は「スタッフの個性殺しかねない」?(週刊朝日)
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1378964593/

[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。