上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほらー
1位になったのは、殺人鬼ジェイソンのインパクトがあまりに強い《13日の金曜日》。マスクを被り
チェーンソーを握るその風貌は、日本人にとってアメリカのホラー映画の象徴ですよね。
ちなみに「13日の金曜日」は不吉な日とされていますが、その理由は「イエス・キリストが処刑された
日だから」というものが有名ですが、これは俗説であり信憑性はないのだとか。2位は悪魔祓いである
神父が悪霊と戦う《エクソシスト》。悪霊の機械的な動きがより一層恐怖心を掻き立てる作品です。
実はこの「エクソシスト」、映画の中だけの話かと思いきや現在でも実在し、ヨーロッパではなんと
養成講座まであるそうです。続いて3位《SAW(ソウ)》、4位《オーメン》など、苦手な人はタイトルを
聞いただけで震えてしまいそうな名だたるホラー作品がランク・インしました。

1位13日の金曜日
2位エクソシスト
3位SAW(ソウ)
3位オーメン
5位バイオハザード
6位チャイルド・プレイ
7位羊たちの沈黙
8位エイリアン
8位死霊のはらわた
10位ゾンビ

http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20130821/Goorank_36685.html

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。