上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

imagesCAF3MR5E.jpg
1: 名無しさん必死だな 2013/09/18(水) 14:17:12.65 ID:rqCLLiya0
DVD 5年目  29,934,485枚  343.6%   成功規格.
LD 5年目   15,739,947枚  100.5%   失敗規格
BD 5年目   16,262,798枚  114.3%   失敗規格の道を着実に進行中w


2012年
DVD  68,441,782枚    オワコン
LD         0枚    御臨終
BD   16,262,798枚    オワコン以下の大失敗w

[ 続きを読む ]

20131001-068906-1-L.jpg
1: 禿の月φ ★ 2013/10/01(火) 06:26:10.60 ID:???P
 映画「おしん」(冨樫森監督、12日公開)の主役に約2500人から選ばれた濱田ここね(9)が、 このほど東京・港区港南の報知新聞社を訪れ、一日奉公した。

[ 続きを読む ]

7412851.jpg
1: ナガタロックII(WiMAX) 2013/09/28(土) 16:16:40.85 ID:ex6ydsYr0 BE:79314454-PLT(12000) ポイント特典
福山感激「そして父になる」米でリメーク


 福山雅治(44)主演映画「そして父になる」が、スティーブン・スピルバーグ監督率いる米ドリームワークス社によって、リメークされることが 28日、分かった。この日、都内で行われた初日舞台あいさつで発表された。

 26日に急きょ決まり、是枝裕和監督(51)が27日に渡米。ロサンゼルスで同社とリメーク契約を結んだ。

 福山は、是枝監督から国際電話で「契約してきました」と報告を受けると、「監督、おめでとうございますですよ。お疲れさまです。
スピルバーグ監督が気に入って、リメークされることを大変うれしく思います」と感激していた。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp1-20130928-1196445.html

デニーロだろ

[ 続きを読む ]

74104741
1: ◆EKKKKKKKKA @ウェザーρ ★ 2013/09/27(金) 23:28:18.57 ID:???0
2013.09.27

女優、岩佐真悠子(26)が12月7日公開の映画「受難」(吉田良子監督)に主演し、フルヌードに 初挑戦することが26日、分かった。

修道院で育った処女の主人公・フランチェス子の女性器に突然、人の顔のようなできもの  “人面瘡(そう)”ができ、人格を持って話し出すという奇想天外な物語。

デビュー当時1メートル55、B83W58H86のナイスボディーでグラビアアイドルとして活躍したが、 今回は一糸まとわぬ姿でセックスシーンに挑戦。さらに、自らの女性器を手鏡でのぞき込んだり、 全裸で全力疾走する大胆な演技で“女優魂”を見せつける。

岩佐は過激かつコミカルに愛と性の本質に迫る同作について「脚本を読んで、いろんな意味で 衝撃を受けました」と告白。撮影はすでに終了しており、「本当に手探りで毎日がパニックでした」 と振り返った。

原作者の小説家、姫野カオルコさん(55)は「たかが『オ●●コ』というセリフにビビる女優さんが 多い中、肝を据えて主演してくれた真悠子ちゃん、ありがとう!」と絶賛している。

▽ソース:ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130927/enn1309271131008-n1.htm
▽画像:自身の女性器を手鏡でのぞき込むなど、初のフルヌード作品で女優としての新境地を切り開く岩佐真悠子
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/images/20130927/enn1309271131008-p1.jpg

[ 続きを読む ]

1356478413
1: 名無し募集中。。。 2013/09/26(木) 12:30:15.28 0
松本人志R100インタビュー
「今後、僕の残りの人生ほんとに卑怯なんです」
http://r25.yahoo.co.jp/static/r100/interview/index.html

「えっとー、べつに映画を撮ってる気もないんですけど」(自分から進んで映画を撮ろうとしていないという意味らしい)
「気がついたら吉本にメリーゴーランドに乗せられて、グルグル回ってるっていう(笑)」(映画監督をやってることに関して)

「正直にいうと、それ(テレビでできないことを映画に託した)も別にないんです。どうしてもテレビをやらないといけないということはないし、  だから映画に逃げ場を求めることもないんです。」
「さっき言うたように、映画もテレビも、別にこのままやめたって僕は痛くもかゆくもないので(笑)」
「だから今後、僕の残りの人生ほんとに卑怯なんです。いつ逃亡してもいいし(笑)。なんだったら日本にいなくてもいい。」

[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。